お知らせ
ご予約が混み合う日も多くなり、一日に施術をお受けする人数を制限させて頂いておりますため、その日により受付時間を早目に終了させていただくこともございます。どうぞご了承頂きたく宜しくお願い致します。

なんでだろぉ〜、なんでだろう〜。

0
     こんばんムニャ



    タイトルのくだり、別に青と赤のジャージの芸人さんに今頃ハマっている訳ではありません

    何故だか最近、ギックリ腰の患者さんが多いのです。


    一般の方からすると、 「だから何!?」 となるかも知れません。



    しかし、僕らの業界からすると少々、違和感を覚えます。


    ギックリ腰というと 「 冬 」 って感じなんですね。



    もちろん例外なんてたくさんありますから一概には言えませんが、やはり気温の下がる冬の

    方がギックリ腰の患者さんが増えることは確かです。

    気温が下がれば、筋肉も硬くなりやすいですから、同じ身体の疲れでも夏場より冬場の方が

    筋肉のトラブルも増えます。


    という事を考えると、タイトルのくだりになるんですよね〜?????



    一つ考えられるのは、やはり 「冷房」 でしょうか!?


    外気が暑いので節電とは言え、やはり冷房は入れてるでしょう。 そして節電している分、

    例年より冷たいものを沢山飲むでしょうから身体の芯の方は冷えてる状態です。

    それに気づかず、ちょっとした身体の違和感を感じているにも関わらず無理して・・・。

         


    という具合なのかなぁ〜、と推測しています。

    身体に違和感を覚える時には無理をせず、少し生活のペースを落としてあげて下さい。

    それでもダメな場合は遠慮なくご相談を



    なにせ、 「はーとプラスですから〜、 斬り!!」




    どっち派ですか!? Final

    0
       こんにちムニャ



      「明日は」、と言っていたのにゴメンナサイ。昨日はちょっと忙しくさせて頂きました。みなさん、ご来院

      ありがとうです


      さて、3日間に渡り、引っ張りましたが、(ネタがないんじゃないですよー

      今日で最後です。


      最後は、僕となが〜い付き合いの 「片頭痛」 の紹介です。

      症状としては心臓の拍動と一緒にこめかみ辺りが 「ズキン、ズキン」 とか、「もうすぐ痛くなるかも

      〜。」 といった予測がつくなど、です。



      筋緊張性の頭痛との大きな原因の違いは、自律神経の乱れからなると言われてます。

      わかりますか、「自律神経」って!?


      とーっても簡単に言うと、自分の意思とは関係なく勝手に内臓などを動かしてくれる神経のことです。

      腕とか足とか動かす時は脳で意識してから動かしますが、内臓などは意識して動かしている人って

      いないんです。


      なので、この神経が正常に働いてくれている時は良いのですが、誤作動してしまうと様々な症状が現れます。(自分の意思で誤作動を制御できないからですね)。 


      たとえば・・・、

      めまい、吐き気、イライラ感、便秘、そして、頭痛など、など、など・・・・・・。



      そして、この神経を誤作動させてしまう要因は、たくさんありますが、代表的なものは



      「ストレス」です



      ストレスの種類は多種多様です。みなさんが想像しやすい、

      「会社の上司が・・・」とか、「お隣さんの声が・・・」みたいな一般的なものだけでなく、

      強い光(太陽やパソコンの画面)や、苦手な香水の匂い、気圧の変化など、など。

      他人には気にならない物や事でも本人にとって苦痛なのです。


      その苦痛に最初のうちは耐えていられますが、限界を越えると様々な誤作動を起こして身体にブレーキを掛けようとするのです。 というか、ブレーキを掛けてくれているのですね


      「ちょっとはお休みしなさい」と。


      ところが、普通、人はその痛みから早く逃げ出したいので薬を飲んだりするのですが、実は薬を飲む

      癖を付けてしまうと、この大事なブレーキシステムの効きめを悪くさせてしまいます。

      (ちなみに個人差はありますが、片頭痛には市販薬があまり効きません。)*詳しくはいずれ。


      という訳で、僕らの出番です


      様々な手技を駆使して身体をリラックスさせるところから始めます。


      「休んでいいんだよ〜」


      って身体に教えてあげることができたら大丈夫!

      ストレスで知らないうちに緊張していた身体や脳がリラックスできれば症状は軽減していきます。



      様々なストレスは知らないうちに溜め込み易いものです。

      「ご自身なりのストレスのコントロール」

      ができるようになると、現在お悩みの症状も改善すると思います。



      若干、話が逸れましたがストレス過多の現代です。上手にストレスコントロールして

      「健やかな生活」して行きましょうー。 

      当院は心からそれを応援してます!



      次回は副院長が初登場です、お楽しみに〜


      どっち派ですか!? Part 2

      0
         いやー、今日はスカッ、と晴れました、一番気持ちイイ季節かもしれません

        僕の頭痛も優秀なスタッフの施術のおかげで今日の天気のようにスカッと晴れ渡っております、

        頭痛でお悩みの方、お気軽にご相談を



        さてさて、昨日の続きですが、

        頭痛には2つのタイプがあるとお話しました。


        ・筋緊張性頭痛

        ・片頭痛


        筋緊張性頭痛は名前の通り、長時間、同じ姿勢などで筋肉が凝ってしまい、

        固くなった筋肉が頭痛を引き起こす神経を圧迫しておこります。

        ただし、人によって、凝る(負担が掛かる)筋肉が違うので僕等はそれを見分ける為に


        「お仕事は何をしてるんですか〜。」とか、

        「どんなスポーツしてますか〜。」などと伺うわけです



        なので、「こんな小さなことなんて・・・。」と言わず、気にかかってることがあれば、どんどん言っても

        らった方が僕らも嬉しいのです

        な・の・で、


        「遠慮は無用!!!」


        って覚えておいて下さい



        明日は僕の代名詞、片頭痛です。




        どっち派ですか!?

        0
           一体何をしているんだか、菅内閣。

          やれ、小沢派 vs 菅派 だの言ってる場合じゃないでしよ、世界も、被災者のみなさんも


          「いいかげんにしろ!!」   って言ってますよ、マジで




          あなたはジャイアンツ派ですか、タイガース派ですか?


          携帯派ですか、スマートホン派ですか?


          ロジャー派ですか、ラファ派ですか?


          和食派ですか、洋食派ですか?




          突然ですが、「頭痛」にも、〜派があります。



          ・筋緊張性頭痛派の人

          ・片頭痛派の人

          (詳しく言うともう一つありますが。)



          それぞれの特徴は・・・、明日にします。


          何故なら・・・、今、まさに僕が頭痛の真っただ中なんです

          今からスタッフに施術してもらいます…










          << | 2/2PAGES |

          profile

          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << November 2019 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          PR

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM